物流コンサルタントの分析とアドバイスでコスト削減を実現

   

物量業務に携わる経営者の方にあっては、現状の物流システムでのこれ以上の発展に限界を感じた経験や、高騰する人件費やそもそも経費の総体を把握していない等といった問題に直面していることは無いでしょうか。大量の物品を効率的に搬出入することが求められる物流業では、利益を上げるためには高いコスト意識が必要になります。加えて季節的に人的資源の集中投入が必要になるなど人件費の工面や増加は頭の痛い問題であることは、すべての経営者に共通していると言っても過言ではないでしょう。今の経営方針に問題があることは自覚していても、事態を正確に把握し経営方針や業務のあり方の改善を自らので手で実践するのは現実的ではありません。このような物流コストの削減や問題解決には専門家のコンサルタントがお役に立ちます。

分析結果に基づいて問題を客観的に把握出来る

しかしコンサルタントはどのような形でサポートしてれるのか、いまいち全体像を把握できずイメージを持つことが難しいのも事実です。そこで具体的手続きの一端を紹介しましょう。すべての出発点はABC分析に始まります。ABC分析とは重点分析とも呼ばれた手法で、数多くの指標のなかから重視するポイントを抽出して優先度を決定して管理するという内容です。この分析によって何が順調に裁けて売上げに貢献しているものが判明するばかりでなく、不良在庫や経費が余計にかかっている事業部門の割り出しなどのプラスとマイナスの情報を明らかにすることが可能になっているのです。従前は経営者は担当部門の石器人者の経験とカンと言った不確定要素に基づき刹那的判断を回避することができ、業務内容の効率化も実践出来ます。

システムを現場に導入し不良在庫を把握

ABC分析に基づき、解決の為に導入するべきシステムの費用対効果を数値化して、今後投入する費用とその結果得られるであろう収益をシミュレートし、経費削減の内容を経営者の方に明確化してくれます。システム導入による日常的管理の機会化も実現し、在庫品目の一元管理を可能になる訳です。商品の搬入や搬出には現場作業担当者が紙ベースで管理を行っているのが一般的ですが、扱う物量に比例して記入ミスが起こりがちです。人的エラーを解決するべく、入出庫在庫管理もシステム化することで在庫を正確に把握することが可能になります。最終的に現場での再現性の高いマニュアルを作成し、現場で実践することになるのです。作業効率を向上させるだけでなく、人的ミスの発生も最小限に抑えることで全体の経費の大幅な削減が可能になる訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

物流におけるECコンサルタントの役割

EC、つまり、商品の電子商取引のノウハウを提供するコンサルタントがいます。彼らは、インターネット上の販売や店舗管理といった商売の様々な機能についてアドバイスをすることができますが、物を顧客の元に届ける...

物流コンサルタントの視点で考える効率化とは

商品の短納期化や製造リードタイムの短縮を行う際、物流にフォーカスを絞り商品の出荷や原材料の調達工程から無駄を見つけそれを省いていく効率化を行うことになります。担当するのは社内の物流部門であることが多い...

在庫管理の適正化を物流コンサルタントに任せる

現代の社会は、どれだけ早く、生産者から消費者に商品を行き渡らせることができるかがとても重要になっています。つまり、物流が極めて重要ということです。商売には、モノの流れとお金の流れがあります。マーケティ...