在庫管理の適正化を物流コンサルタントに任せる

   

現代の社会は、どれだけ早く、生産者から消費者に商品を行き渡らせることができるかがとても重要になっています。つまり、物流が極めて重要ということです。商売には、モノの流れとお金の流れがあります。マーケティング活動は主として後者の商流に焦点を当てます。たとえば、商品をどのように販売するか、代金をどのように回収するかという工夫は、営業や販売の管理になります。それに対して、商品を作るための調達をどのようにするか、原材料や仕掛品をどのように保存するか、分散された生産地間でどのように中間生産物を移動するか、完成品をどのように顧客に届けるかという点が物流の課題となります。このなかでも、原材料や仕掛品をどれだけ効率的に取り扱えるかを在庫管理といいます。企業ごとにノウハウを持っていますが、新しいノウハウを得たり業務改善を行うときにはコンサルタントの力を借りることになるでしょう。

なぜモノをたくさん持つのはよくないのか

完成品ではないモノは価値を生みません。たとえ、自社の工場に無数の原材料が積まれたとしても、顧客の元に届けられて代金を得られなければ一銭の価値も生みません。その一方で、商品未満のものを留め置くためには、スペースが必要です。原材料や仕掛品をどれだけ積み上げても価値を生みませんが、スペースは必要です。土地代や工場を利用するためのコストが必要なのです。
したがって、コントロールのポイントは価値を生まないのコストを以下に削減するかという点にあります。優秀なコンサルタントが適切な手法を提供し、実際に無駄な在庫を省くためのオペレーションが実現できれば、その企業はコスト優位を手に入れることができます。同じ売り上げの二つの企業があったときに、コスト優位の企業は大きな利益を上げることができるのです。

モノが少なすぎるのはなぜダメか

モノの量は適正基準でなければなりません。つまり、完成品未満のモノはできるだけ少ないほうが良いとしても、少なすぎてはいけません。欲しいものがある顧客が店を訪ねたとしましょう。店には目当ての商品がなく、取り寄せるにも時間がかかるということが判明した時には、その顧客は別の店に行くことでしょう。品ぞろえに腹を立てて、もう二度と店を訪れないかもしれません。適切な品ぞろえがあったならば、売上になっていたにもかかわらず、モノがなかったせいで逃してしまうことがあれば、それは本来得られたはずの利益を失ったという意味で機会損失といいます。在庫管理は、適性基準にコントロールことによって、コストと機会損失の両方をできるだけ減らすことを目的としています。この目的がうまく達成されると、その企業は利益を失わずにコストを下げることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

物流におけるECコンサルタントの役割

EC、つまり、商品の電子商取引のノウハウを提供するコンサルタントがいます。彼らは、インターネット上の販売や店舗管理といった商売の様々な機能についてアドバイスをすることができますが、物を顧客の元に届ける...

物流コンサルタントの視点で考える効率化とは

商品の短納期化や製造リードタイムの短縮を行う際、物流にフォーカスを絞り商品の出荷や原材料の調達工程から無駄を見つけそれを省いていく効率化を行うことになります。担当するのは社内の物流部門であることが多い...

在庫管理の適正化を物流コンサルタントに任せる

現代の社会は、どれだけ早く、生産者から消費者に商品を行き渡らせることができるかがとても重要になっています。つまり、物流が極めて重要ということです。商売には、モノの流れとお金の流れがあります。マーケティ...