効率よく物流を回すコンサルタントが必要です

   

どんな商売でも商品管理が重要です。商品が少なければチャンスロスが発生して多ければ商品過剰になりロスが発生します。商品をうまく回していくには物流センターが必要です。基本は単品管理で、カラーやサイズを単品ごとに商品の動きを把握していなければなりません。発注の起算点を間違えると大きなロスが出てしまいます。専門的知識がないと適正数量を維持できません。熟知したコンサルタントに依頼すれば、理想と現実のギャップの問題点を発見します。この問題点をいかに改善できるか腕の見せ所です。正確な算出して費用対効果を検証して効率アップをはかります。日常業務の簡素化や不良商品を発見して無駄ムラのない作業を組み立てます。次第に精度アップに結び付き、業績に反映するはずです。

物流システムの改善は運営する人材が重要です

いくらコンサルタントの指導で物流システムを変更して、人の配置や棚の設置位置の変更、商品の保管場所の変更をしてもこれだけでは運営をスムーズに展開しません。最も重要なことはそれを動かす人材です。センターが稼働したばかりの場合は、特に経験がある人がいないため様々な問題が発生します。知識のあるコンサルタントの紹介で、優秀な人材を派遣してくれることがもっと重要になります。従業員のレベルアップを図りトラブルを改善できる人材を教育して、確保することで安定した管理ができるはずです。求められていることはシステムを管理する人の確保も不可欠です。コンピューターで在商品の管理を行っても商品発注の起算点を打ち込むのは人間です。優秀な人材の確保がセンターの稼働率をアップさせるはずです。

スムーズな運営はマニュアル作成がポイントです

効率よく運営するには仕事の基本を明記したマニュアルが重要になってきます。現場に落とし込むことで作業効率の向上を図り人によるミスを大幅に減らすことが出来ます。しっかりした手本を示すことで無駄な作業をなくすことが出来ます。マニュアルがないと従業員の作業が統一できません。各自が異なる作業方法で仕事をしていれば効率アップは不可能です。重要の仕事の一つにマニュアル作成があります。誰もが見ても分かりやすく正確でスピーディーな仕事ができる手順を明記しておけば、教育にも時間がかからず新人の戦力アップに結び付きます。作業だけでなく全ての面でマニュアルは重要で工具の仕舞い方や、清掃の仕方、ストックに商品をしまう時の順番などを理解することで効率アップに必ず結びつくはずです。

物流については専門の物流システムを導入していることから、誤出荷を極限にまで減らしています。 EC(ネットショップ)発送代行サービス。 検品・検針・X線検査・ミシン加工・汚れ落し・ネーム付け等、アパレル物流加工メニューが豊富。 アパレル物流20年の実績により、専門性の高いサービスを実現しております。 アパレルメーカー様、卸様、量販店様、小売様(リアルショップ・ネットショップ)等幅広く実績あり。 物流コンサルタントに関するプロに依頼する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

物流におけるECコンサルタントの役割

EC、つまり、商品の電子商取引のノウハウを提供するコンサルタントがいます。彼らは、インターネット上の販売や店舗管理といった商売の様々な機能についてアドバイスをすることができますが、物を顧客の元に届ける...

物流コンサルタントの視点で考える効率化とは

商品の短納期化や製造リードタイムの短縮を行う際、物流にフォーカスを絞り商品の出荷や原材料の調達工程から無駄を見つけそれを省いていく効率化を行うことになります。担当するのは社内の物流部門であることが多い...

在庫管理の適正化を物流コンサルタントに任せる

現代の社会は、どれだけ早く、生産者から消費者に商品を行き渡らせることができるかがとても重要になっています。つまり、物流が極めて重要ということです。商売には、モノの流れとお金の流れがあります。マーケティ...